年金プラス2000万円を投資でつくる

2019年6月12日

国会で年金以外に2,000万円必要という金融庁の報告をめぐって紛糾しています。これに対し日経ヴェリタス6月9日号では「50代でまだ間に合う‗老後の資産形成海外投資がカギ」とのタイトルの記事が掲載されました。

ヴェリタスの購買層を考えるとあっても良い記事だが

日経ヴェリタスの読者はある程度収入が高く、金融リテラシーが高いと思われます。それでも、かぼちゃの馬車問題で騙されたのが、高属性のサラリーマン、医師などであったことを考えるとタイトルとしては今一つです。

投資で利益を出せるのは1割

株式投資で利益を出せるのは1割程度といわれています。わたしも20年以上投資してきて利益を出せるようになったのは5年ほど前からです。短い期間で利益を出せる人もいますが、その後破綻する例も少なくはありません。

億り人といわれる成功者はごく一部です。彼らの講演を聞くと、雑誌で紹介されているよりはるかに知識と経験をもった手練れです。

雑誌の編集部は読者に読ませるプロですから、うまく似顔絵を使ったりして親しみやすくしていますが、才能や努力は普通の人ではありません。

講演をする投資家はある程度コミュニケーション能力の高い人ですが、投資家交流会で会う億り人の中にはかなりクセのある方もいらっしゃいます。

結論:50代からの投資スタートは厳しいのでなるべく早くから

個人的には50代から投資をスタートすることをおすすめできません。なぜなら必ず失敗はありますが、成功があるとは限らないのが投資だからです。10年以上は儲からない覚悟でやるべきだと思います。

しかしピクティが証明したように、資産を得るためには実業ではなく金融でないと難しい時代です。一見実業のような会社でも資産のほとんどは投資で稼いでいる会社が多い。ソフトバンクが典型的です。税制も金融に有利です。したがって、若いころから投資を経験することはおすすめします。

50代になれば金融リテラシーも大事かもしれませんが、むしろ哲学というか覚悟が大切でしょう。貯蓄、年金、プラス仕事でしのいでいく。足りなくなれば生活保護もありでしょう。

ランキングクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 年金生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村